映像制作(撮影・編集・3DCG制作)ならテナシティー(大阪、関西、東京) 撮影・編集・映像制作なら
テナシティー[大阪]

スタッフブログ

製造業での動画コンテンツ活用が熱い!

2018.11.20
BtoB業界でも動画の活用は常識です!

製造業は日本経済の2割近い割合を占めていて今でも日本経済の屋台骨を支えています。
物を作り出すことが我々、業界以外の人間の製造業に抱くぼんやりしたイメージですが、そんな製造業でも、営業という行為は必要不可欠です。
会社の大小、扱う製品、条件によって営業の方法はさまざまかと思いますが、そんな場面において映像コンテンツが有効に使えるということはご存知でしょうか?
今回はそういった製造業の営業担当者様や企画担当者様に向けて記事を書いていけたらと思います。

営業でお客様先に行ったときに

初めてお会いするお客様にプレゼンテーションをするときは準備万端で臨みたいものですよね。
お客様の要望が明確でないこともあると思いますから、どんな質問が出てきても素早くわかりやす回答ができるようにと いろいろな資料が必要になります。ベテランの営業マンなら資料がなくても口頭でスラリと答えれてお客様の信頼も得られるかもしれません。
しかし、これからという新人の営業マンはどうでしょう?いつも先輩営業マンが同行できるわけでもないですから、あれもこれもと準備するものは増えるし、いざお客様と面と向かうと緊張して、準備した資料がうまく説明できるかわかりません。
そんな時に映像での会社説明動画だったり、製品説明動画だったりがあれば負担はかなり軽減されます。
タブレットなどに動画データを入れて持ち歩けば、ファイルを何冊も持ち運ぶより便利です。

動画のココが便利!

さあ、お客様先で御社の動画を見ていただきましょう!実際、動画だとどんなメリットがあるのでしょうか?
いくつか上げていきますね。例えば、会社案内や製品のパンフレットを使った説明とはどう違うでしょう?
動画なら再生ボタンを押すと情報が視覚と聴覚を通して伝わっていきます。
写真や文字の情報よりもはるかに多い情報量が短い時間で伝えることが出来ます。
さらに、映像の内容によっては感情に訴えかけるようなインパクトがあるものもあります。
そういったことから、映像の方がパンフレットの写真や文字の情報より記憶にも残ります。
また、新人の営業マンでも、ベテラン営業マンでも同じ情報を再生ボタンを押しさえすれば、お客様に伝えることが出来ます。動画の内容がしっかりしていれば、緊張でカチカチの新人の営業マンでも最低限の情報は正しく伝えることが出来ますし、ベテランの営業マンなら、動画の内容に補足を加えもっと素晴らしいプレゼンテーションが出来ます。

どんな動画ならお客様の気が引ける?

先ほど、再生ボタンを押しさえすれば情報を伝えることが出来ます。と書きましたが、その動画で何を伝えるかが重要になってきます。
御社の素晴らしい歴史、製品へのこだわり、話す側からすれば伝えたい事、誇りたい事たくさんあると思いますが、 お客様にもご都合があり、プレゼンテーションの時間にも限りがあります。
お客様がもっとも知りたいのはあなたの会社や製品がお客様に何を与えることができるのかということです。
そこが明確に伝わりお客様のニーズに一致しなければ、商談の進展はありません。ですから、その部分をいかに魅力的にわかりやすく短時間で伝えるか。
そこに注力して動画を制作しましょう。

とはいうものの営業マンはロールプレイングが大事

ここまで動画の事ばかり書いてきましたが、私自身、営業マンですから経験値が大事ということは身に染みています。
いくら動画の内容が素晴らしくても、だらしない営業マンだったり、信用できない営業マンであればプレゼンテーションの説得力は半減してしまうでしょう。そうならないためにも、日々、会社のサービスや製品の知識を深め、どうお客様に伝えるべきかロールプレイングなどしながら理解を深めていくことが重要だと思います。
それらが一人前にできるようになって動画も使えば鬼に金棒ですね。

”動画を使ったからってそんなに売れるか!”とか
”動画の利用も考えてみるか!”とか
動画に興味がある方であればいつでもお問い合わせお待ちしています。

前のページへ戻る

当ブログについて

最新の記事

ページTOPへ
「こんなことは出来るかな…?」
「予算はこれくらいなんだけど…」等々
どんなことでも
お気軽にご相談ください。
06-4307-5538
メールでのお問合せはこちら →